HOME 御挨拶 新着情報 採用情報

新着情報

アレルギー疾患について

NEWS 2018年 04月 26日

  先日厚労省から発表された「国内におけるアレルギー疾患の推定罹患者数」は、
  《約3人に1人》だった2005年発表時より大幅に増加し
  《約2人に1人》になった、とのことでした。
  要するに国民の約半数がなんらかの「アレルギー疾患」にかかっているという数字です。

      アレルギー疾患の種類を羅列してみますと

          ・気管支喘息
          ・アトピー性皮膚炎
          ・アレルギー性鼻炎
          ・アレルギー性結膜炎
          ・花粉症
          ・食物アレルギー

                      など、様々あります。

  このうち、食物アレルギーについて少しお話します。

  食物接種などで起きる食物アレルギー・・・・原因となる食物は多岐にわたります。
  アレルギーがおこると、じんましんや湿疹・咳や喘鳴(ゼーゼーといった呼吸)・嘔吐や下痢など
  その症状や程度も様々です。
  特に発症数が多く、アレルギー反応が出た場合の重篤度が高い食物は

     ⚫卵 ⚫乳 ⚫小麦 ⚫落花生 ⚫えび ⚫そば ⚫かに  

  となり、これらの材料を含む食品や料理は、使用している旨の表示を義務付けられています。

 

           アレルギー疾患になった場合、症状が現れないように食べ物が制限されたり、
           その原因を身の回りから除去したりと、生活にも影響が及んでしまいます。

           そのため、できるだけ乳幼児から小児期にかけて早期発見をし、
           可能な限り治療にとりかかって重症化を防ぐことが大切です。

           成人してからでも、「大した症状ではないから、、、」と
           医療機関への受診を先延ばしにしないことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINK
一般財団法人 公衆保健協会
愛知県医師会
名古屋市医師会
NPO法人 健康情報処理センターあいち
ドクターズ・ファイル
ドクターズ・ファイル
Copyright © 2016 細川外科クリニック All Rights Reserved.
TOP